時計買取


ロレックス Rolex

①「腕時計といえばロレックス」というほどの知名度とそのステイタスで圧倒的な人気を誇るのがロレックスです。1908年ハンス・ウィルスドルフがどの国でも発音しやすく文字盤にデザインしやすいブランド名として”ROLEX”をスイスのラ・ショード・フォンに商標登録をしました。当時、携帯する時計といえば懐中時計でしたが、ハンス・ウィルスドルフは腕時計に着目し高品質で実用的な時計の生産に力を注ぎました。1926年には世界初の本格防水オイスター・ケースのパテントを取得し、1931年に自動巻き腕時計の先駆けとなる「パーペチュアル機構」を開発しました。現在もロレックスは創業以来、常に「実用」を重視した生産を展開し続けています。

②20世紀初頭に時計商社としてイギリスで創業したが、当時は時計関税が高額だったため以後漸次スイスに拠点を移し、その過程でメーカー化した。懐中時計が主流であった当時、早くから腕時計の利便性に着目し[2]、別会社である「オイスター社」が開発し、それまでの腕時計と比較して防水性が格段に高い「オイスターケース」を実用化、自動巻き機構「パーペチュアル機構」や日付が午前零時頃に一瞬で切り替わる「デイトジャスト機構」を発明、腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けるなど実用的な機械式腕時計メーカーとして不動の地位を築き、今日に至っている。

オメガ Omega

①1848年、ルイ・ブランによりスイスにて創業。自社一貫製作によりリーズナブルな価格、そして大量生産により販路の拡充に努めてきた。1948年にはダイバーズウォッチのパイオニアともいえるシーマスターの発売、1957年にはムーンウォッチとして月面飛行に帯同したスピードマスタープロフェッショナルが登場。オリンピックなどにも積極にスポンサードし、「精度=オメガ(OMEGA)」のイメージを世界中にアピールし続けている。

②6回にわたる月面着陸、世界初のダイバーズウォッチ。それは当時、世界で唯一認定されたマリン・クロノメーター。160年以上、オメガはそのパイオニアスピリットにより動かされてきました。オメガよりも多く正確さの記録を保持する時計ブランドは、ほかにありません。またオメガはスポーツ計時の世界的リーダーとして、24回にわたりオリンピックの公式計時を担当しました。オメガはこの過去を誇りとしながらも、まず何より、250年の時計史上初の実用的かつ新しいエスケープメント(脱進機)を特徴とするオメガ独自のコーアクシャル・キャリバーなどの時計学の革新に専念してきました。この功績は、1848年以来オメガを世界一流のウォッチメーカーとしてきた、意欲とスピリットの賜物です。

タグ・ホイヤー TAG HEUER

①ロレックス、オメガと並び、オリジナリティ溢れる新定番として大人気のタグ・ホイヤー。エドワード・ホイヤーが1860年に創設。1916年に世界初の100分の1秒の計測が可能なクロノグラフを発表。モータースポーツとの関係は密接で、スティーブン・マックィーンに代表されるレーサーの多くに愛用されてきました。1985年にタグ・グループに統合されてからは、社名をタグ・ホイヤーに変更。その後はF1グランプリの公式計時を担当しスポーツウォッチ専門メーカーとしての地位を確立している。

②ドイツ系スイス人で、ベルン州ブリュック出身のエドウアルト・ホイヤー(ドイツ語版)(1840年 – 1892年)が1860年に設立した。設立当初からストップウオッチや、クロノグラフといったスポーツウオッチの開発に力を注いでおり、クロノグラフの歴史に貢献している。近年では、トゥールビヨンや磁気を利用した新たなムーブメントの開発を行っている。
1985年までの社名はホイヤーであった。クオーツショックで資金難だったところをマンスール・オジェ率いるTAGグループ(現 Techniques d’Avant Garde )からの資金援助を受け、現在の社名に変更。その後1999年9月にLVMHが同社の株式の50.1%を取得し、現在はLVMH傘下となっている。
2003年まではF1の公式計時を担当していたが、同年限りでF1の公式計時から撤退する一方で、2004年よりインディカー・シリーズの公式計時を担当している。

パネライ Panerai

①ジュゼッペ・パネライが1860年に創設。精密機器専門メーカーとして軍用にクロノグラフ懐中時計を納入していた。1940年代には「ルミノール」を造りあげる。1993年にリシュモングループ(カルティエ主宰)の傘下になると、イメージ戦略が功を奏し世界中にパネライの名が知れ渡ることに。「デカ厚」時計としてのトレンドはこのパネライからの発信であり、他のブランドもこの路線に追随するほど大ブームを巻き起こしたことは記憶に新しい。

②オフィチーネ パネライ(OFFICINE PANERAI )は、イタリアの高級腕時計ブランドである。通称パネライ。
1860年にジョヴァンニ・パネライ(Giovanni Panerai 、1825年 – 1897年)によってフィレンツェに設立された精密機器メーカーであり、現在でも温度計、湿度計、気圧計、クロノメーターなどを生産している。このクロノメーターについてメーカーは公式ウェブサイトにマリン・クロノメーター(Cronometro Da Marina )と書いているが、実際にはボード・クロノメーターである。

ブルガリ Bvlgari

①1884年ソティリオ・ブルガリがギリシャの銀細工師の一族としてローマに宝飾店をオープン。宝飾店のステータスシンボルとして100年以上の歴史を持ち、独特のデザインで老若男女に愛され続けるブランド。1977年に初めて発売されたブルガリ・ブルガリシリーズの時計も、その洗練されたデザイン力が高く評価され、20余年の間に時計のブランドとしても名を馳せるようになりました。

②ブルガリは、ギリシャ系イタリア人のソティリオ・ブルガリが1884年にイタリアのローマに創業した高級宝飾品ブランドである。フランスの企業グループであるLVMHに属する。 企業としての商号は、「J」「W」「U」がなく、かつ小文字もなかった古代アルファベットの表記法により「BVLGARI」と表記される。

フランク・ミュラー Franck muller

①1992年、フランク・ミュラーにより創業。ダブル・ジャンピングアワー、ミニッツリピーターなどコンプリケーションウォッチを発表。1998年には世界最小のトゥールビヨン、2000年にはルーレットを装備したヴェガス等、独創的なアイディアで時計業界に革新をもたらした。ダイヤモンドなどを装飾したラグジュアリーウォッチの発表も記憶に新しい。わずか創業20年足らずで偉業を達成した稀有のブランドである。

②スイス、ヌーシャテル州ラ・ショー=ド=フォンでスイス人の父とイタリア人の母の間に生まれ、10代の頃から骨董品や古い機械式時計に魅せられた。
1975年、17歳の頃ジュネーブ時計学校(Ecole d’horlogerie de Geneve )に入学、3年間で履修すべき単位を1年で修得し、卒業前からその卓越した技術が注目された。当時は卒業時にロレックスが1本分のパーツを与えて自分で組み上げるというのが卒業検定のひとつとして存在したが、彼はそのパーツにモジュールを追加し、永久カレンダーにした(他にも数多くの時計師がそのモジュールを製作しており、彼だけが非常に優れていたわけではない)。アントワーヌ・プレジウソとともに主席で卒業。
卒業後は主にオーダーメイドでの時計製作で自己資金を貯め、製作場所はパン工房の2階を改築して行っていた。
独立時計師アカデミー会員となり、協会の重鎮であるスヴェン・アンデルセンのもとでコレクターや博物館から依頼されたパテック・フィリップなどの数多くのマスターピースの修復作業を行う一方で独自の創作活動も続け、毎年のように複雑時計を発表している。スイスのジュネーブ在住

オーデマ・ピゲ Audemars piguet

①ジュール・オーデマとエドワール・ピゲが1875年に創業。 高級腕時計ブランドとして現在まで一切の妥協がない製品を発表。 女性用腕時計のミニッツリピーター搭載モデル等、 他ブランドとは一線を画すモデルの製作を初期から行い、 1972年には高級腕時計で初のステンレススティール素材を ベースとした「ロイヤルオーク」を発表。 他ブランドが後に追随するカテゴリーのパイオニアとなる。

②オーデマ(オドマール)・ピゲ(Audemars Piguet 発音例 、略称AP)は、スイスの時計・宝飾品メーカー。パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンとともに世界三大高級時計メーカーの一つに数えられている[1]。
1875年、ジュール=ルイ・オドマール(Jules-Louis Audemars 、1851年-1918年)とエドワール=オーギュスト(オギュスト)・ピゲ(Edward-August Piguet 、1853年-1919年)によって高級時計ムーブメント製作会社として設立。その後自社ブランドの時計の製作を始め、トゥールビヨン、ムーンフェイズなど複雑な機構を備えた高級時計メーカーとして知られるようになった。代表的モデルとしてロイヤル・オークがあり、その他楕円形ケースのミレネリーなどが存在する。

ハンハルト Hanhart

①1882年に、「ウィルヘルム・ユリウス・ハンハルト」により創業。ドイツ時計産業に基盤を置くことで、堅牢と精密さを兼ね備える時計製作に注力することになりました。ストップウォッチ技術においては、ドイツ海軍からオーダーを受けるほどの技術を持ち合わせ、そこで製作されたのがハンハルトの代表作でありアイコンでもある「プリムス」でした。2001年に往年のプリムスが復刻し、それとともにストップウォッチの製作にも余念がありません。

②ハンハルトは1882年にスイスのディッセンホーフェンで懐中時計メーカーとして創設された。創業者は輸入代理店であるホッタの社歴紹介ページではウィルヘルム・ユリウス・ハンハルトとなっているが英語のページではJohann A. Hanhartとなっている。どちらが正しいかは不明。1904年にドイツのシュヴェニンゲンに移転。1924年にストップウオッチの生産を開始する。1934年に製造部門をグーテンバッハに移転。
1938年に同社の代表的モデルであるプリムスを発表、1939年にパイロット用クロノグラフ2機種 タキテレとレプリカを発表。タキテレはタキメーターを搭載していたため、ドイツ海軍の砲兵部隊で絶大な人気を得るも、1943年に戦争中の混乱と資材不足から時計の製造を中止する。
1948年に西ドイツで生産を再開、レプリカはドイツ空軍とフランス空軍、タキテレはドイツ海軍で採用され、さらに医者や事務職のためのクロノグラフとしてアドミラルを発表する。1962年に競争激化と国軍の納入業者から外れたことにより、時計製造から撤退しストップウォッチ製造専業となる。
1997年にETAムーブメントを使用して、レプリカとタキテレを再生産し時計製造に復帰。現在に至る。

ユリス・ナルダン Ulyssenardin

①1846年に創業。船舶用クロノメーターの分野ではパイオニアとなり、50カ国の海軍に納入するほどの独占状況を誇りました。その流れから懐中時計の分野においても、超高級メゾンとしての地位を確立。1983年、クオーツショックで危機的状況に陥っていた状況を打破するために「天文三部作」を発表。複雑時計の雄として、独自の地位を築くことに成功。近年はリューズ操作で簡単に日付の進み戻しができる機構など、実用性に優れたモデルの発表を精力的に行っています。

②創業者のユリス・ナルダン(1823年1月22日-1876年2月20日)は時計職人であった父レオナルド・フレデリック・ナルダン(Leonard-Frederic Nardin )、マリン・クロノメーター製作や天文時計製作の専門家であったフレデリック・ウィリアム・デュボア(Frederic-William Dubois )、ルイ・ジャンリシャール(Louis JeanRichard )に学び、1846年にル・ロックルで創業した。
1876年に創業者が53歳で亡くなると息子のポール・ダヴィド・ナルダン(Paul-David Nardin )が後を継いだ。

ブライトリング Breitling

①1884年、レオン・ブライトリングがスイスのサンティミエに時計工場を創設。当初はストップウォッチを専門に製作しており、腕時計型クロノグラフを発表したのは1915年であった。1932年には事業を拡大、1942年に「クロノマット」、1952年に「ナビタイマー」を発表。ダグラス、ロッキードなど航空機メーカーに供給し、パイロットウォッチの代名詞的ブランドとして認知されることとなる。精度の追求により全モデルのムーブメントは公認クロノメーターを取得。

②ブライトリング(Breitling Montres S.A. )はスイスの腕時計メーカーである。コクピットウォッチ、クロノグラフ、ストップウォッチを主力として来た結果航空業界とのつながりが強く、無着陸世界一周を初めて成功させた気球ブライトリング オービター 3をはじめ各種航空イベントをスポンサーしている。

フリーダイヤル0120-102-142


無料出修理お申し込みフォーム

必要事項を記入の上、
【無料出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

●お名前 (必須)

●電話番号

●郵便番号

●住所

●メールアドレス

●希望査定品 ※以下よりお選びください
 ダイヤモンド査定 宝石査定
 アクセサリー査定
 金・プラチナ査定 その他査定

上記の個人情報の利用目的に同意する