時計買取


時計注意事項

時計注意事項

常に清潔にしてご使用ください
時計は肌に触れるものですので汚れやすいです。
時計の裏ぶたやバンドは肌着類と同様に直接肌に接しているので汗や汚れが付着しやすくなっています。

汚れたままにしておくとさびて衣類の袖口を汚したり、かぶれの原因になったりすることがあります。
バンドは多少余裕をもたせ、通気性をよくしてご使用ください。時計をつけた状態で、指1本が入る程度が適当です。
時計をはずした時は、柔らかい布などで汗や水分をふき取るだけで、時計の裏ぶた、バンド、およびパッキンの寿命が違ってきます。

防水時計を海水に浸した場合は、真水で洗ってから柔らかい乾いた布でふき取ってください。
化学薬品(特にベンジン、シンナー、アルコール、洗剤等の有機溶剤)で洗うと化学変化で時計が劣化することがありますのでご注意ください。

防水機能について
防水機能が備えられているからと腕時計を装着したまま入浴は故障の原因になりますので外しましょう。防水機能というのは水を内部へと侵入させないための機能なので、内部に発生してしまった水に対しては対処しようがありません。水回りには注意しましょう。防水時計といえども、水に浸けて使用するのと、全く水に浸けないで使用するのでは、時計の寿命が数倍違ってきます。スイス高級時計は防水でも出来うる限り水に浸けないでご使用してください。

磁気も故障の原因になります。
高級腕時計の内部というのはとても精密な作りとなっており非常にデリケートです。強い磁気を放つ物体の前に置いてしまうと帯電してしまい動きに狂いが生じるようになります。磁気を放つものの前に長時間いなければならない時は腕時計を外しておきましょう。下記の磁気製品のそばには置かないよう注意ください。

・磁気健康器具、治療器・モーター、バイブレーター
・冷蔵庫等のマグネットドア・工作機械等のマグネットチャック
・ホワイトボードのマグネット・心電計レコーダのペン
・ハンドバッグの開閉マグネット・超音波測定器のメーター部
・精肉包丁研磨用ヤスリ・電磁調理器
・磁気健康器具、治療器・ハンドミキサー
・冷蔵庫等のマグネットドア・テレビ、交流式電気カミソリ
・電子毛布等々、家電製品ほぼ全て・スポット溶接(電気溶接)機
・電動マージャン卓・電気炉

時計の修理、又は時間調整は必ず腕の確かな時計職人のいる専門店にお出し下さい。
時計は使わないでおくと、その間に油が変質したり固まったりして調子がおかしくなったり、あるいは故障の原因になる場合があります。

『日常生活防水』及び『強力防水』いずれのモデルでも、月日の経過に従って、防水性能効果は低下します。パッキング等の効力が落ちている場合には、新しい部品とお取替下さい。

耐震装置付きの時計とは、壊れない時計と言う意味ではありません。特に、高精度を要求されるスイス高級時計には強い衝撃・落下・磁気等を与えないようにして下さい。

自動巻き時計は、内蔵されたローターが通常の腕の働きで回転し、ゼンマイを巻き上げる仕組みになっています。従って、腕の動きの少ない場合や、使い方によっては、時計を駆動させる為の十分な動力が得られず、ゼンマイの巻き上げ不足が生じ、その為に時計が停止したり、精度が乱れる事があります。安定した駆動力を機械部分に伝達する為には、1日最低12~16時間ご使用下さい。特に、お買い上げの直後や、一度停止した後にご使用される場合は、必ずリューズを巻き上げ方向に10~15回ほどゆっくり回してゼンマイを巻き上げてからご使用下さい。

時計買取

フリーダイヤル0120-102-142


無料出修理お申し込みフォーム

必要事項を記入の上、
【無料出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

●お名前 (必須)

●電話番号

●郵便番号

●住所

●メールアドレス

●希望査定品 ※以下よりお選びください
 ダイヤモンド査定 宝石査定
 アクセサリー査定
 金・プラチナ査定 その他査定

上記の個人情報の利用目的に同意する