ダイヤモンド買取


ダイヤモンド注意事項

保管は単独で行ってください。ダイヤモンドは一番硬い物質ですから、他の宝石はもちろん、ダイヤモンド同士でも触れ合うとスリ傷がついてしまいます。また、携帯ポーチなどに入れて外出する際も、収納したジュエリーがガチャガチャとぶつかり合ったりしないよう注意が必要です。

家事や力仕事などの激しい作業をするときには外しましょう。前述した劈開という性質ゆえに、一定の方向に強い力がかかると、破損してしまう恐れがあります。

ダイヤモンドは、水ははじきますが油になじみやすいという性質があります。化粧品や皮脂、食物などがつかないよう気をつけてください。

ダイヤモンドも割れます。ダイヤモンドの性質でもご介した通り、ある方向にはスパっと割れてしまう性質(劈開性:へきかいせい)をもっています。ドアの取っ手を握るときや自動車の乗り降りのときに指をぶつけてしまうことが多いものです。硬いというイメージからラフに扱ってしまいがちですが、くれぐれも衝撃には注意しましょう。

外出先で指輪を外さなければならないときは必ず専用のポーチなどに入れるようにしましょう。外出先でトイレや洗面所の棚に置き忘れてしまうことや、ティッシュに包んでバッグに入れておくと、あとでゴミと間違えて捨ててしまったりすることがあります。

ダイヤモンドは火事などで高温の炎に包まれた場合、表面が火傷をした状態になり白く曇ってしまうことがあります。目減りはしてしまいますが、再研磨をすればもとの輝きを取り戻します。

ダイヤモンドは単体よりも他のアクセサリーと一緒に付属している場合がほとんどです。そのため重いものを持つ場合は注意してください。歪み、へこみの原因となります。とくに結婚指輪などは細いデザインのものも多いのでチェックしましょう。

ダイヤモンド買取

フリーダイヤル0120-102-142


無料出修理お申し込みフォーム

必要事項を記入の上、
【無料出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

●お名前 (必須)

●電話番号

●郵便番号

●住所

●メールアドレス

●希望査定品 ※以下よりお選びください
 ダイヤモンド査定 宝石査定
 アクセサリー査定
 金・プラチナ査定 その他査定

上記の個人情報の利用目的に同意する